「俗に”シータ難民”という言葉が生まれた背景」と「私がシータヒーリングから離れたわけ」


日本ディバインアクセラレーション協会 代表の杉浦優司です。

 

今日は、「私がシータヒーリングから離れたわけ」シリーズ2話目の話となります。

ここで綴っていることは、「ディバインアクセラレーション®がなぜ生まれたのか?」に関連すると同時に、「なぜ私がシータヒーリングから離れたのか?」に関連した内容となります。

 

前回の記事をまだ呼んでいない方は、⇒ https://divineacceleration.com/column/20200203-1/

 

前回に引き続き、まずは前提としてお伝えしておきたい事があります。

 

それは、シータヒーリングは私が出会った12年ほど前、当時のスピリチュアル関連の中で画期的なメソッドであり、今でもシータヒーリングが伝えている世界観は素晴らしいものであると感じています。

そして、シータヒーリングを通じて沢山の学びがあり、今でも感謝でいっぱいです。

それらを踏まえた上で、あくまでも私の主観としてお伝えしていきたいことがあります。

 

シータヒーリングの思い込みへの働きかけの限界に気づき、それを打破しようとする中で、シータ的やり方ではもはや根本的な考え方の部分で、ほんとうの意味で誰もが魂から望む方向にシフトアップしていくのが不可能だと分かりました。

 

そうした中で、

「それなら、ゼロベースで理想な潜在意識の解放メソッドを体系化すればよい!」

と新たな探求が始まりました。

 

その中でこだわったコンセプトが

「最速・安心安全・確実な制限解放」

でした。

 

シータヒーリングが日本に紹介された当時、そのスピード感は、それまで世の中にあったどのスピリチュアルメソッドと比較しても、早かったと思います。

でも、心の制限解放に関して言えば、シータ的世界観における限界にチャレンジしていた中で、実は全然早くないことに気づきました。

それは、そもそも掘り下げに時間が掛かるからです。

 

そもそも土台(=強い思い込み)は、いくつもあり、テーマによっては複雑に絡み合っています

そんな中で、掘り下げが甘ければ、土台は浅いものになり、深い土台を見出そうとすれば、相応の時間が必要になります。

そして、それが一つだけでなく、複数絡み合っている状態にあると、あっという間に30分が経過し、1時間が経過し・・・と時間が必要になってきます。

 

そもそも、実際にやっていく中で気づいたのは、土台は無数にあるのに、それらを一つ一つ見つけて・・・という発想では、いくら時間があっても足らないという事実です。

 

だから、”掘り下げという手法”を手放し、改めて、最速を意識しました。

 

続いて、安心・安全です。

セッションを行う側と受ける側の両方が安心安全に進めていくためには、セッション中に、プラクティショナーのジャッジが入り込む余地を無くす必要があります。

シータ的思い込みへの働きかけでは、土台を特定する中でどうしてもジャッジが入り込んでしまう余地があるのですが、ジャッジが入り込むと、もうそこは本当の意味で安心安全な領域では無くなってしまいます

 

だから、セッション中にジャッジの入る余地の無い手順を目指しました。

 

そして、確実性です。

そもそも、シータ的思い込みへの働きかけは、明確な手順が確立されていません。(少々細かい話をすると、一応8つのアプローチというものがありますが、あれは単なるセッションの入り方の分類であって、手順ではありません。)

 

それなのに掘り下げの展開は無数にあるので、毎回、初めての詰将棋にチャレンジするかのごとく、多くの方はその場の思いつきや、手当たりしだいに何とかしようと奮闘することになります。

だから、途中で時間切れになってしまったり、上手く行かなかったりすることがしばしばあります。(そして、その場合は、全く変化しない、もしくは中途半端に掘り下げられて苦しくなってしまうという事がしばしば起こります。)

 

だから、たとえ99人の方に、何らかの変化をさせる事ができたとしても、100人目で適切な変化を起こせるかどうか分からないというのが実情です。

 

このようなメソッドだと、どうしても不確実となり、実用的とは呼べません

 

さらに、

エネルギーワークのやり方も一から再構築しました。

 

シータ的な上昇法や拡張法は、優れた点も多いのですが、決して簡単なやり方では無いので、少なからずの人が自分の心の制限に阻まれて、7層と呼んでいる、意識が切り替わるポイントに到達できないでいます。

さらに、見届けと呼ばれているプロセスも、本当の意味で上級者にならないと適切な変化を起こす事ができない要素が多々含まれています。(だから、それらに気づかないでいると、サイエンスであっても、初級者程度の変化しか起こせないという事が起こります。)

 

別の見方をすれば、シータヒーリングでは、この世界のあり方を忠実に捉えているので、あれこれきめ細やかな設定(ヒーリング)を行う事が可能なのですが、その設定を的確に行わないと、全然効果的な変化を起こす事ができないようになっています。

だから、どうしても、一つ一つのエネルギーワークの手順が複雑になってしまう傾向にあります。

 

それでも、エネルギーワークの手順は(複雑ながらも)テキストに書かれてあるので、まだ覚えれば何とかなるのですが、そのようなエネルギーワークを総合的に組み合わせて使っていくという発想が入っていないので、いざ実用レベルで使おうと思うと、(相当理解が進んでいる方以外は、)どうしていいか、わからなくなってしまう事になります。

 

確実性という意味では、

シータヒーリングでは、サイキック的に”鮮明にみえる”ことが前提でカリキュラムが組まれています

だから、もともとそのような才能を持っている方にとっては面白いのですが、そうでない場合は、ただ難しい・・・という状況になってしまいます。

 

でも、人の才能は色々であり、サイキック能力も実に様々です。

そしてサイキックなリーディング力は、心の制限を解放していくことですくすくと伸ばしていく事ができるのですが、シータヒーリングでは、最初にみえる能力がある一定以上開花していないと”制限の解放が行えない”カリキュラムになっています。

だから、最初につまずいた方は、(そこのところを理解しているインストラクターの下で改めて学び直さない限り、)ずっとつまずき続ける事になります。

 

他にもまだまだありますが、
これらが、俗に”シータ難民”という言葉が生まれた背景にあると感じています。

 

このような、私が感じたジレンマを全て解消して行けるようになるメソッドの最初の講座が開かれたのが、2015年の12月でした。

気づけば、4年と2ヶ月

今振り返ると早かったような、長かったような・・・。

 

最速・安心安全・確実な制限解放の「ディバインアクセラレーション®」

 

でも、最初から今のような手順になったわけではありません

やはり、今振り返ると、最初は(今と比べて)全然理解不足&表現力不足であり、試行錯誤の連続でした。

 

ここまで、長々とお読み頂きありがとうございます。

まだ、この機会に書いておきたい事が残っているのですが、次回に回したいと思います。

(続く)

 

 

ディバインアクセラレーション®創始者、杉浦優司の公式メルマガ

⇒ https://reservestock.jp/subscribe/21181

 

そんな私のディバインアクセラレーション®セッションを受けられたくなったら、下記リンク先をチェックしてくださいね。

個人セッションin東京(遠隔あり)
⇒ https://reservestock.jp/page/event_series/38973

 

また、ディバインアクセラレーション®の体験ができ、また全体像を知ることができる説明体験会も開催していますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

説明体験会in東京
⇒ https://www.reservestock.jp/page/event_series/52502/

 

ここで一つお願いがあります。

あなたの周りで、この情報を必要とされている方はいらっしゃいませんか?

もしもこの情報を必要としていそうな方が浮かんだら、その方にこの情報をお伝えいただけたら嬉しいです。

 

 

それ以外にも、ディバインアクセラレーション®について、もっと詳しく知りたくなったり、体験されたくなったら、ぜひ下記サイトから情報をゲットして、ピピッときた認定講師に会いに来てくださいね

 

現在募集中の講座情報&セッション情報

⇒ 日本ディバインアクセラレーション協会のオフィシャルリザストページに飛びますので、こちらをクリックしてくださいね

 

 

今日のメッセージ

それまでの自分の常識で

対処できなくなった時、

そこには2つの選択が現れよう。

 

一つは、これまでの常識を疑い、

その先へと進む道。

もう一つは、

自分の勘違いだと思い込もうとし、

これまでの常識の中に

居続けようとすること。

 

多くの人は、

無意識レベルで

後者を取ることであろう。

それは、常識の枠の外へ出ることは

時に危険であり、

恐ろしいものだからである。

 

でも、もしももうこれまでの常識が

通用しなくなっているのであれば、

あなたの心は奥深いところで

どちらを選ぼうとしているだろうか?

 

これまでの常識を出ることは

周りから見た時、

理解できず無謀で愚かにも

みえることもあるだろう。

 

されど、

その常識を超えたところにのみ

存在している真実の果実を

手にすることができたのであれば、

それは驚きと新しい常識の始まりを

この世界にもたらすこととなるであろう。

 

ピンときたら、

私たちに会いにきてくださいね。

⇒ 日本ディバインアクセラレーション協会の公式YouTubeチャンネル

 

宇宙の息吹に導かれますように。

愛と感謝をこめて、
杉浦優司

 

—————————————-

魂の目覚めが進む

杉浦優司のメルマガ情報

⇒ こちらをクリックしてください

—————————————-

Follow me!