「シータ的思い込みへの働きかけの限界」と「私がシータヒーリングから離れたわけ」


日本ディバインアクセラレーション協会 代表の杉浦優司です。

 

旧暦が明ける直前くらいから、

「再始動!」

というメッセージが降りてきていて、

「さぁ、始まるよ!」

という感覚が日増しに強くなってきていました。

 

そんな中、今日は、

「時は来た!」

というメッセージが降りてきて、これまであえて明かして来なかったいくつかの真実について明かすタイミングが来たことを知りました。

 

これから、綴っていくことは、「ディバインアクセラレーション®がなぜ生まれたのか?」に関連すると同時に、「なぜ私がシータヒーリングから離れたのか?」に関連した内容となります。

 

その前に、まず前提としてお伝えしたい事があります。

 

それは、シータヒーリングは私が出会った12年ほど前、当時のスピリチュアル関連の中で画期的なメソッドであり、今でもシータヒーリングが伝えている世界観は素晴らしいものであると感じています。

そして、シータヒーリングを通じて沢山の学びがあり、今でも感謝でいっぱいです。

それらを踏まえた上で、あくまでも私の主観としてお伝えしていきたいことがあります。

 

シータヒーリングで教えている数あるメソッドの中で、要(かなめ)となっているのが、「思い込みへの働きかけ」です。

この「思い込みへの働きかけ」は、潜在意識の中にある”人生を難しくしている思い込み”への働きかけ方であり、シータヒーリングの最も最初に学ぶ講座である「シータ基礎」にて学び、その後、ほぼ全ての講座で使い続けていく超重要テクニックです。

 

その「思い込みへの働きかけ」の根幹をなすテクニックが3つあります。

 

1.思考パターンの置き換え

2.感覚感情の呼び覚まし

3.掘り下げ

 

私が初めてシータヒーリングを学んだ2008年当時は、インストラクターの方たちも「掘り下げ」をほとんど使っておらず、関連情報もほとんどありませんでした

また、”思考パターンの置き換え”についても、簡単な使い方程度の情報しかありませんでした

唯一、”呼び覚まし”については、まだ知らないポジティブな感覚を知ることが人生でプラスに働くという事が書かれてあり、応用講座を受ける際に、沢山の呼び覚ましを受け取る事ができるようになっていました。

 

でも、次第に強調されていったのが、「掘り下げ」でした。

その一番の理由は、「掘り下げ」ないと、(簡単な事例を除き、)思い込みが適切に変化しないことが分かってきたからです。

シータヒーリングでは、掘り下げを通じて、思い込みを作り上げている根本(これを土台と呼びます)を見つけ出し、これを適切に置き換えていくことで思い込みを変えていきます

また、呼び覚ましを通じて、新しい感覚を潜在意識に教えていくことでも、思い込みを変えていきます

 

私自身、潜在意識の思い込みを素早く変えられる事が、シータヒーリングの一番の魅力だと感じていました。それは、潜在意識の思い込みが適切になっていないと、人生を難しいものにしていくからです。

 

でも、実際にやってみて分かったのは、非常に難しいという事でした。

自分がやっていても難しいことを教えていくことは、さらに難しいというのが実情でした。

でも、シータヒーリングの要がこの「思い込みへの働きかけ」にあると感じていたので、限界までチャレンジし、一つの法則性を見つけました

 

それは当時、「掘り下げ虎の巻」として、シータ的世界観に沿った独自の手順として、名古屋サロンに学びに来ていた方にはお伝えしていて、とても好評でした。

※正直、教科書に書いてある内容だけでは、まず使いこなすことは不可能な状況であり、本当に使えるものとして教えるのであれば、各インストラクターが独自に工夫する必要があったのが実情でした。

 

でも、ずっとこの思い込みへの働きかけの限界にチャレンジしていた中で、

ある時これら、

1.思考パターンの置き換え

2.感覚感情の呼び覚まし

3.掘り下げ

限界が分かってしまいました

 

その中でも、一番この「シータヒーリングの思い込みへの働きかけ」の限界を決めていると感じたのは、「掘り下げ」でした。

そもそも、シータヒーリングの思い込みへの働きかけを最も効果的に進めるためには、確実に土台を見つけ出す必要があります

でも、土台を特定し、それを言葉にしていく中で、

 

1.土台を見つけ出すために、お相手の最も触れられたくない部分に触れなければならない場合があり、とても繊細さが要求される

2.お相手が、意識的・無意識的に掘り下げの質問をはぐらかすことがあるので、それを掘り下げながら見抜く必要がある

3.土台がずれていると効果が限定的になってしまうので、的確な言葉で表現する必要がある

4.土台を言葉にした際、潜在意識的にはその通りであっても、顕在意識的には理解できていない場合、お相手が反発され、対立状態になることが少なからずある

5.(4にも関連していますが、)お相手に対しジャッジを行わければならない手順がどうしても必要となり、お相手のタイプや、扱っている内容によってはプレッシャーが大きい。

 

さらに、土台を的確に見つけることができたとしても、それを置き換える言葉を、お相手のこれまでの思考の枠組みを超えた領域で的確に選ばないと、ただ問題を先延ばししたり、問題に蓋をして、顕在意識から見えなくするだけになってしまいます。

 

これ以外にも、まだまだ沢山あるのですが、一言で言えば

「シータヒーリングの”思い込みへの働きかけ”は難しすぎて、一部の天才的な才能を持っている人以外は、限定的な領域でしか活用できない!」

ということが分かりました。

 

ちなみに、限定的な領域というのは、「適切な解が既に分かっていて、お相手にも理解してもらえる範囲」です。

だから、シータヒーリングでは、どれだけ講座を受けてきたより、誰とどんなテーマでペアワークをしてきたかで、クリアリング度合いが全然違うということが起こるのです。

それが、ほぼ全ての講座を受けてきた「サイエンス」であっても、全然クリアリングが進んでいない方がいる理由でもあり、「サイエンス」だからと言って、凄いセッションができるわけでは無いという理由でもあります。

 

またそれが、
なんとなく変われた感覚を得ることはできても、学ばれた割には、ほんとうの意味で自分の人生のステージを上げながら、魂の人生計画を実現していく事がなかなかできない理由の一つです。

 

ここで一点補足させて頂きたいと思います。

シータヒーリングでは、自分の理解の枠組みを超えた領域から物事を観る必要があるので、創造主としっかりと繋がり、自分自身を超越し、創造主の観点から物事を観ることでそれを実現していくメソッドとなっています。

でも、(やってみた方は分かると思いますが、)この観点を得ることが難しいのが実情であり、思い込みへの働きかけをしている間中、ずっとこの意識を保ちながら、ジャッジすること無くリーディングと掘り下げを同時に行い、さらにお相手が理解できる言葉で伝えていくことは、相当学びを深め、クリアリングを進めた方以外はほぼ不可能なのが実情です。

 

だから、

「一部の天才的な才能を持っている人以外は、限定的な領域でしか活用する事ができていないというのが実情であり、学んだ割には使いこなせていないし、変わりきれていないのが実情です。」

 

それでも、
本人が自覚できている課題であれば、それなりに進んでいく(解消させていく)事ができるので、無駄では無いと言えます。

ただ、本当は、本人が自覚すらできていない、何度生まれ変わっても上手く行かない状態を繰り返してきた、今生で本当に取り組むべき「魂の課題(カルマ的課題)」を終わらせられると、人生のステージを上げながら魂の人生計画を実現していけるのですが、シータヒーリングでは、上記の理由から、学んだ割には、そこの領域がずっと手つかずの状態のままになってしまっているのが実情です。

 

ここで、誤解を恐れずお伝えすると、

私自身は、このシータ的な”思い込みへの働きかけ”において、天才的な才能を持っていたようです。

だから、上記の事がわかった上で、普通では手つかずな状態のままになってしまう領域にも踏み込んでいく事ができるようになれました

 

でも、場面によっては、シータの教科書に書いてある内容の真逆なことをしたりする必要があったりしたので、もう私の知っている全てを、シータヒーリングの枠組みの中では教える事ができないことにも気づきました。

 

自分は使えても、教えたことで学んだ側が混乱してしまう事になるので、それを教える事ができない・・・。

もしかしたら、それはそれで割り切るという選択もできたと思います。

でも、そうやって割り切ることが、私の”魂の人生計画”的に最善と言えるだろうか?

 

そうした中、
それ以降もシータヒーリングの枠組みでの限界にチャレンジし続ける中で出した結論は、

「それなら、(シータヒーリングの枠組みにこだわることはやめにして、)シータヒーリングの枠組みの限界を超越した、理想の思い込みへの働きかけメソッドをゼロベースで体系化してみよう!」

でした。

 

そして、新しいメソッドを体系化していく上でこだわったコンセプトが、

「最速・安心安全・確実な制限解放」

でした。

 

長々とここまでお読み頂きありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

ここまでストーリーが、2015年の夏頃までの話になります。

 

2015年の夏以降どのように進んでいったのか?

(続く)

 

 

ディバインアクセラレーション®創始者、杉浦優司の公式メルマガ

⇒ https://reservestock.jp/subscribe/21181

 

そんな私のディバインアクセラレーション®セッションを受けられたくなったら、下記リンク先をチェックしてくださいね。

個人セッションin東京(遠隔あり)
⇒ https://reservestock.jp/page/event_series/38973

 

また、ディバインアクセラレーション®の体験ができ、また全体像を知ることができる説明体験会も開催していますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

説明体験会in東京
⇒ https://www.reservestock.jp/page/event_series/52502/

 

ここで一つお願いがあります。

あなたの周りで、この情報を必要とされている方はいらっしゃいませんか?

もしもこの情報を必要としていそうな方が浮かんだら、その方にこの情報をお伝えいただけたら嬉しいです。

 

 

それ以外にも、ディバインアクセラレーション®について、もっと詳しく知りたくなったり、体験されたくなったら、ぜひ下記サイトから情報をゲットして、ピピッときた認定講師に会いに来てくださいね

 

現在募集中の講座情報&セッション情報

⇒ 日本ディバインアクセラレーション協会のオフィシャルリザストページに飛びますので、こちらをクリックしてくださいね

 

 

今日のメッセージ

始まりはいつだって突然である。

それは、

本当は既に始まっているにも関わらず、

ある領域に達するまでは

微かすぎて気づくことができず、

気づきの瞬間は突然現れるからである。

 

始まりに気づいた瞬間、

2つの選択肢が現れよう

一つは、その新しい流れに乗ってみる。

もう一つは、新しい流れには深入りせず、

元いた場所に戻っていく。

 

どちらも正しく、

どちらも等しく可能性を秘めている。

 

されど、

あなたがこの世界に生まれてきた

真の目的を果たしたいのであれば、

最も心の深いところで

響き合うのものを選ぶが良い。

 

それは、非常に微かであるが、

それぞれの道を選んだ先にある

真に欲している何かを

教えてくれる道標となろう。

 

もしも、恐れが現れたなら、

一旦その恐れの状況から離れるが良い。

 

恐れは、心の響きを曇らせ、

あなたを迷いの世界へ

と誘う事になるであろう。

 

ピンときたら、

私たちに会いにきてくださいね。

⇒ 日本ディバインアクセラレーション協会の公式YouTubeチャンネル

 

宇宙の息吹に導かれますように。

愛と感謝をこめて、
杉浦優司

 

—————————————-

魂の目覚めが進む

杉浦優司のメルマガ情報

⇒ こちらをクリックしてください

—————————————-

Follow me!