結局は行動してみないとわからない・・・

 


こんばんは、
日本ディバインアクセラレーション協会代表の杉浦優司です。

今日は、認定講師養成講座を東京で開催していたのですが、1月から始まった新体制への移行が一区切りつき、少々ホッとしているところです。

この半年間を振り返って改めて感じるのは、行動することの大切さです。

何も考えずに闇雲に動くことは、けっしてお勧めできませんが、考えてばかりで全然行動しないこともお勧めできません。

それは、どれだけ考えたとしても、結局は行動してみないとわからない事が多々あるからです。

それを将棋に例えると、大きなタイトルの掛かった勝負の際、プロ棋士の方々はしばしば”長考”に入ります。

文字通り、たった一手を打つために、数時間考える事もあります。

もともと、他の誰よりも早く最適な一手を読むことができるプロ棋士の方が、それでも数時間も考えるのは、その一手がこの先の勝負を大きく左右することになるからです。

それでも、本当のところは、その一手を実際に打つまでは結果は分かりません。

それは、相手はその一手に対し、やはり最善な一手を打とうとするからです。

将棋の世界では、制限時間があるので、長考と言っても無限ではありません。

でも、とかく私たちが何かを決めて動き出すタイミングにある時、まるで時間が無限にあるかと錯覚しているかのように、考えるだけ考えて結局行動しないという事がしばしばあるものです。

私も、昔はそうだったなあ~と思い出します。

そのような時、当然やれない理由はいくつも思いついていました。

でも、今わかるのは、やれない理由は、やらないことの言い訳に過ぎないという事です。

そして、魂が望む成長・進化は、そのときハートで最善と感じた行動を起こした時、ギフトのように得られるという事です。

今回も、1月の時点では結果は不透明でしたが、今は、あの時点で最善と感じた行動を起こしたことで、自分自身も沢山の学び・成長する事ができたな~と感じています。

この3日間だけでも、思いもよらないところから、いくつかの点で今後の要となる修正が必要な事に気づかされました。

これも、行動を起こしたギフトだな~と感じつつ、できるだけ早く修正&公表して行きたいと感じています。

ちなみに、行動しようと思っても、あまりにも不安や怖れが強すぎる場合は、ディバインアクセラレーション®による制限解放(心のブロックの解放)がお勧めです。

ほんの数分~数十分で驚くほど軽やかになることが実感できます。

 

今日のチャネリングメッセージ

あなたを最も恐れさせるもの。

その先を見つめ始める時、

あなたの真の学びが始まることになるであろう。

 

そこに、あなたが最も避けたいものがあり、

あなたを最も引きつけるものがあるであろう。

 

目をそらす事なかれ。

自分自身から逃げる事なかれ。

 

まずは、あなた自身の反応を感じ、

あなた自身の深みを知るがよい。

 

あなたがまとっていた

あなた自身と錯覚していた幻想に気づくことができたなら、

さらなる深みへと導かれていく事になるであろう。

 

愛と感謝をこめて、
杉浦優司

 

Follow me!